医療用バネ・スプリングのVA・VE事例

Ⅱ.医療用バネ・スプリングの品質向上事例

■ 引張バネのフック設計変更による品質向上

 18b  

< 引張バネのフック先端部改良前 >

輸送中に引張バネ・引張スプリングのベアードフック先端部分同士が絡まることで、不良品が発生するトラブルが起こっていました。

引張バネを製造後、袋に詰めて輸送を行い開封するとバネ同士が絡まっており不良品が発生してしまうといったトラブルがありました。これは、引張バネのベアードフック先端部に輸送中の外圧がかかり、他のバネのベアードフックと絡まってしまうことが原因でした。無理に引っ張ってしまうと、バネ自体が伸びてしまったり、特に精密バネの場合には破損してしまう可能性もありました。

↓
   18a  

< 引張バネのフック先端部改良後 >

引張バネ・引張スプリングのベアードフック先端部をボディに入れるように設計変更を行いました。このVA/VE提案によって、従来発生していた、引張バネ・引張スプリングのベアードフック先端部同士が絡み合うトラブルを抑えることが可能になりました。

引張バネにおいて、輸送中にベアードフック部分が他のバネのフックと絡まり、不良品が発生してしまうというトラブルが起こっていました。引張バネのフックの先端部を製造時、ボディに初めから入れておくことで、輸送時に外圧がかかっても絡みを防ぐことができました。この変更により、医療用などの精密バネであっても輸送中の不良品発生を激減させることができます。

医療用や電子機器用などの精密な引張バネ・引張スプリングで、輸送中にバネのベアードフック部分が絡まってしまい、無理にはずそうとして精密バネを破損させてしまうことがありました。特に医療用や電子機器用の精密バネは繊細に作られていることが多いため、使用される目的以外で外からの力をかけないようにする必要があります。

医療用バネ・スプリングの技術相談室 電話 0796-22-0782 FAX 0796-24-0070 メールでのお問い合わせはコチラ!
最新医療用バネ・スプリング 技術ハンドブック 無料贈呈! イプロスからのご請求はこちら 問い合わせる
医療用バネ・スプリングの技術相談室 電話 0796-22-0782 FAX 0796-24-0070 メールでのお問い合わせはコチラ!