医療用バネ・スプリングのVA・VE事例

医療用バネ・スプリングのVA・VE事例

■ 線バネ・コイルバネに発生するツールマークの改善

線バネ・コイルバネにツールマーク有り  線バネ・コイルバネにツールマーク有り(アップ)  高強度材料はキズやサビが耐久性に悪影響をおよぼすことは知られていますが、一般的にキズと判定されないツールマークが問題視されました。 

ピアノ線より優れた耐久性をもつオイルテンパー線などの高強度材料は、その強度が最大の特徴である反面、キズやサビが耐久性に悪影響を及ぼしやすいことが知られています。特に自動車、自動二輪車メーカー向けの線バネ・コイルバネについては、ツールマークであっても改善を求められることがあります。

↓
線バネ・コイルバネ ツールマーク改善後   線バネ・コイルバネにツールマーク有り(アップ) 

 

 

 

コイル成形の特殊ツール製作と調整によって、ツールマークを改善しました。線バネ・コイルバネにつくツールマークは通常の加工方法を追及したのみでは改善できないので、コイル成形の特殊ツールを自社にて設計製作し、使用しました。

医療用バネ・スプリング.COMでは、線バネ・コイルバネの金型から合理化機械、スプリング製造機および周辺機器を開発、製造できる設計・開発部門があります。汎用のツールや加工機では不可能な形状を、ノウハウの詰まった特殊なツールを高精度で製作することで、複雑形状なバネ・スプリングの製造をクリアすることが可能です。

医療用バネ・スプリングの技術相談室 電話 0796-22-0782 FAX 0796-24-0070 メールでのお問い合わせはコチラ!
最新医療用バネ・スプリング 技術ハンドブック 無料贈呈!イプロスからのご請求はこちら問い合わせる
医療用バネ・スプリングの技術相談室 電話 0796-22-0782 FAX 0796-24-0070 メールでのお問い合わせはコチラ!